うなじに無駄毛があるのと無いのでは想像以上に見た目が違う? | うなじ脱毛ぷらざ

うなじに無駄毛があるのと無いのでは想像以上に見た目が違う?

まずはうなじに限らず、体毛全般についての話です。
ムダ毛があると、肌がきれいに見えないので、人目に触れる部分を脱毛する人が増えてきています。
脱毛サロンでは一般的に光脱毛という方法が採用されています。
この方法は、黒い色のメラニン色素にだけ特別に反応する性質の光を肌にあてて、毛に光のエネルギーを吸収させて、そのエネルギーによって毛根にダメージを与えて、毛根が毛を作る能力を低下させることにより、ムダ毛を薄く、目立ちにくくしていきます。
毛周期に合わせてお手入れを重ねるほど、ムダ毛が薄くなる効果を実感しやすくなります。
そして、脱毛を繰り返すことによって、自己処理がほとんどいらないくらいまで、ムダ毛を目立ちにくくすることができ、サロンの脱毛では周流の方法で、大変人気があります。
ムダ毛が産毛のように、細く、やわらかくなったり、ムダ毛が生えにくくなったりすると、肌がとてもきれいに見えます。
これは、ムダ毛がないということに加えて、毛穴が自然に小さくひきしまったり、ムダ毛の自己処理による肌荒れが軽減されることで、肌自体のバリア機能やターンオーバーによって回復して正常な状態に近づき、肌が自然になる効果もあるためです。
手足や脇など目立つ部分のムダ毛のお手入れが終わった人に人気があるのがうなじ脱毛です。
髪と首の境目である襟足と呼ばれる部分には、後れ毛やたくさんの産毛などが生えています。
髪をアップにしても、うなじがすっきりと見えない人や後れ毛をピンで留めないと落ちてきてしまう人は、ムダ毛が多い人です。
うなじのムダ毛が多いと、きれいに見えるはずのショートヘアやアップヘアが、疲れた印象になってしまったり、生活感が出てしまったりします。
ですが、襟足がすっきりしていると、透明感のある首が大変美しく、長く見えるため、横顔や後姿がきれいに決まり、美人度がアップする大切なポイントです。
うなじは自分では見えにくい部分なので、気にしていなかったり、お手入れをすることが難しかったりする場所です。
ただ、襟足部分がきれいな人と、自然のままの人を見比べると、違いが良く分かります。
雑誌やテレビで活躍しているきれいなタレントやモデルなどの芸能人を良く見てみると、アップヘアが大変美しく見えますが、当然ながらうなじの脱毛をしている人が多いのです。

だからこそ、生活感や疲れた感じがなく、とてもきれいに見える、ということが良くあります。
身近な人を見てみると分かりますが、後れ毛が多くて、すっきりして見えません。
一度注目してみると、違いがはっきり分かる場所でもあるのです。
首すじは、後姿や横顔を美しく見せる重要なポイントなので、手足や脇を終えた人が、次に手足のようにつるつるでなめらかな肌になりたいと思うため人気があるのです。
(最近では、定額制でリーズナブルな全身脱毛コースもあります。もちろん、うなじも含まれています。一箇所ずつ脱毛していくよりも、全身のコースの方がすごくお得なので、うなじ脱毛を考えている時に、全身コースも検討する価値があるかもしれませんね。)

 

おすすめランキングはこちら