医療機関のうなじの医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | うなじ脱毛ぷらざ

医療機関のうなじの医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

うなじのムダ毛について

夏になると、髪をまとめたり、浴衣や水着を着たりなど、うなじが目立つ髪型や服装になる機会が増えます。
ですが、うなじのムダ毛のお手入れは、意外と忘れている女性が多いものです。

 

うなじに生える毛は、産毛のような毛がほとんどなのですが、近くで見ると意外と目立つものですし、離れて見ても皮膚が黒ずんでいるような感じで、お肌の色が暗く見えてしまうのです。
ですので、うなじを露出するような髪型や服装をする場合、綺麗にムダ毛を処理しておくことが望ましいです。

 

ただし、うなじは自分の目では見えないため、腕や足のような部分に比べて処理が難しく、また肌を傷付けてしまう危険もあります。
そのため、安全にうなじの毛を処理するには、プロにうなじの毛の処理を任せることになります。

 

うなじ脱毛をプロに任せる場合の選択肢として大きく分けると、脱毛サロンと、美容外科や皮膚科などの医療機関とがあります。

 

ここでは、医療機関で受けられる医療脱毛について説明していきます。
(現在、医療脱毛の主流はレーザー脱毛となっていますので、レーザー脱毛について説明していきます。)

 

うなじの医療レーザー脱毛のメリット

うなじの医療レーザー脱毛のメリットとして最大のものはその効果の高さで、エステサロンの光脱毛で使用する脱毛用マシンよりも、出力が高い医療用レーザーを用いて施術を行うため、脱毛効果が高く、うなじを永久脱毛をすることが可能です。
「永久脱毛」は、医療行為であるため、医療機関でしか行うことはできません。
(脱毛サロンなどでは行うことができません。)

 

また、効果の高さとも関係しますが、サロンの脱毛に比べて短い期間・少ない回数で脱毛の効果を得ることが可能です。

 

自分でカミソリを使ってうなじの毛を剃ると、触った時の感触がざらざらしたり、またすぐに生えて元通りになってしまうので、同じことを繰り返す必要がありますが、医療機関でレーザー脱毛を受けると、短期間で高い効果が出て、無駄毛の無いすべすべの肌になることができますし、うなじ脱毛を一度完了させてしまえば、その状態のうなじがずっと続くことになります。

 

うなじの医療レーザー脱毛のデメリット

うなじの医療レーザー脱毛のデメリットは、大きなものでは2つあり、それは痛みと費用です。

 

 

まず痛みについては、医療レーザー脱毛は高出力のレーザーを使用するため高い効果があるのですが、その反面、エステの脱毛と比較して、施術の痛みが強くなります。

 

とはいえ、高性能なレーザー脱毛機器であれば、痛みをある程度抑えて効果のある脱毛をすることも可能になってきています。
(ですので、痛みが心配な方は、最新の機器を採用しているクリニックや病院を選ぶのが良いでしょう。)

 

また、医療機関ですので、麻酔を施した上でのレーザー照射も可能となっていますので、どうしても痛みが不安という方は、無料カウンセリングの時などに、麻酔について相談してみるのが良いでしょう。
(ただ、麻酔はほとんどの場合、別料金になっていて、有料となります。)

 

 

次に費用についてです。
医療レーザー脱毛は、医療機関で実施されるため、どうしても脱毛サロンなどに比べて、1回あたりの料金が高くなり、大体2倍程度になります。

【うなじ脱毛の1回あたりの価格の目安】
脱毛サロン:2,000円〜4,000円程度
医療レーザー脱毛:5,000円〜8,000円程度

 

1回あたりの値段が2倍程度ですので、一見すると費用が高く、大きなデメリットのようにも思えますが、実はこれはそれほど大きなデメリットではありません。

 

なぜかというと、医療レーザー脱毛は、エステの脱毛と比較して1回あたりの効果が高いから、さらに「永久脱毛」だからです。

 

なので、考えようによっては、医療レーザー脱毛が脱毛サロンの2倍程度の料金であれば安い、というように考える事もできるのです。

 

 

おすすめランキングはこちら