うなじ脱毛の範囲ってどこまで? | うなじ脱毛ぷらざ

うなじ脱毛の範囲ってどこまで?

髪の毛をアップスタイルにする時など、意外に人目に触れる機会の多いうなじですが、
自分では直接見ることができません。
しかし、うなじの毛が濃く、うずを巻いているような状態の人や、
髪の毛なのか、うなじの産毛なのか判別がつかない人を見たことは誰しもあります。
きれいなうなじは、女性としての魅力をアップさせる効果があります。

 

うなじは、自分でカミソリなどで処理しようとしても、難しい部位です。
無理して行おうと、鏡を使っても、ケガをしてしまいます。
ですから、処理は自分で行わずに、プロのうなじ脱毛を受けた方がきれいに仕上がります。

 

うなじ脱毛に含まれる範囲は、サロンによって異なりますが、
服の襟ぐりの辺りに設定されていることが多いです。
首の後ろ全体をやってくれるわけではないので、注意が必要です。

 

首の下の方は、うなじではなく、背中脱毛の範囲になっているサロンや、
生え際は髪の毛を脱毛してしまうことがあるので、範囲外になっていることがあります。
ですから、うなじ脱毛をする際には、自分で自由にうなじの形をデザインすることはできません。

 

うなじ脱毛は決まった範囲の中で、行なわれる施術だということを、
事前に確認しておくといいでしょう。
サロンによっては、首の後ろを全てうなじとして施術してくれるところもあるので、
自分の希望する部位が含まれているかどうかを、あらかじめ調べておきましょう。
背中まで脱毛する場合は、追加料金が必要になります。

 

おすすめランキングはこちら