うなじは脱毛クリームで処理するのはやめておいた方が良い? | うなじ脱毛ぷらざ

うなじは脱毛クリームで処理するのはやめておいた方が良い?

脇などの脱毛が手軽にできる方法は、カミソリやクリームを使用する方法です。
脱毛クリームは、目で見える部分のむだ毛にクリームを塗り、数分おいて毛が溶けるのを待ち、除毛できたらクリームを取り除きます。
クリームでの除毛は、カミソリで剃るより処理後の毛穴は目立たないのですが、永久脱毛ではないため、すぐに毛は生えてきます。また、毛を溶かすくらい刺激のあるクリームを肌に直接塗るため、肌が弱いと赤くなったり、荒れてしまう可能性があります。肌への影響はないとは限らないため、クリームを使用する場合は必ずパッチテストを行ないます。
うなじなどカミソリでは自己処理が難しい場所などは脱毛クリームを使用したくなりますが、刺激が強いためデリケートな部分にはなるべく使用を控えた方が良く、うなじも使用を控えた方が良い部位に含まれます。
(顔に至っては、製品の注意書きなどで使用することが禁止されている場合が多いです。)

 

また、販売されている脱毛クリームは安い印象ですが、定期的に除毛が必要になるため買い続けることを考えると割高になる場合があります。うなじなど自己処理ができない部分の脱毛は、サロンなど専門に脱毛を施術しているところを利用することも良い方法です。
各社安い脱毛プランなどを提供しているため、それを利用するほうが安くなることもあり、うなじは髪の毛を結びたい時に脱毛をするため、きれいに左右均等に整える必要もあります。また、脱毛サロンなどでは毛根から処置をするため、むだ毛がなくなるのも速いです。
自己処理でカミソリやクリームを使用することも可能ですが、うなじなどデリケートなところは脱毛クリームは使用せずに、サロンなどに任せたほうが良い選択と言えます。

 

おすすめランキングはこちら